お金の貸し借りは怖いです。

本来、お金の貸し借りが嫌いです。
だからと言ってお金を出さないということではありません。
出す時には出すものだと思っているけど、余裕がない時には自分の中でやりくりを考えて、何とか回るように使います。
それこそ、自分が人に迷惑をかけなくて済むように…。

仕事も順調で余裕がある時には考えなくても良いので楽ですが、収入がギリギリだったり、足りない!今月は赤字だ~という時には、何時いくら必要で、いついくら入ってくるのか、通帳と睨めっこです。大抵は、ダメだと思いいやどうにか回ってくれたりするのです。
有り難いものです。

しかし、時には思わぬ事が起こります。
ギリギリどうにか今月もなりそう、後はこの引き落としだけ。良かった、とほっとしたりすると電話がなった後に家族が駆け寄ってくることがあるのです。
お金借りるのいいですが、支払いを忘れていてごめんけど、内緒でお金を貸して…と。

給料日がくると返してはくれるし、逆にお小遣いをくれることもあるのですが、良く聞くと他の人に貸していたり、返していなかったり、予測がつきません。

ちょっと怖いです。